2006年1月 1日 (日)

明けましておめでとうございます。

 皆様、

 明けまして、

 おめでとうございます。

 

 旧年は、

 大変お世話になりました。

 

 ここまで頑張ってこれたのは

 すべて、

 ここに来ていただいた、

 

 皆様のおかげです。

 ありがとうございます。

 

 具体的に、どう助けてもらったかは

 答えれませんが、

 とにかく、

 さんきゅです。

 ところで。

 

 最初は園芸ブログとしてスタートした、

 この、たまねぎ剣士の家庭菜園ですが、

 

 今ではすっかり、

 ただの日記。

 

 ああ、

 悪いのは

 すべて

 

 神様。

 

 と、

 人のせいにしたところで、

 今年もよろしくお願いします!!

 

追伸

 近々、引っ越します。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005年12月28日 (水)

ウコンを信じなさい。

 こんばんわ♪昨日も今日も酔いどれ27歳、子たまねぎ剣士のなおきです。

 でもね、「ウコンの力」、すごいよ!

 昨日もかなり飲んでたんだけど、朝の二日酔い具合は激減!

 眠たさはあったけど、気持ち悪さは全然なかったです。かなりおススメです。ちなみに、参加者の50%はウコンの力を飲んでました。どんな会やねん!w

 実は昨日の2次会のお店は、僕が初めて血を吐いた店です。

 知ってる?

 酔っ払って、血を吐いたときの血って、メッチャきれいなのよ。

 鮮血って、こういうの言うんだなって思ったもん。

 同時に、「今日、死ぬかも……」っとも思ったけどw

 まぁ、今日で忘年会も終わり、あとは30日の仕事納め会を残すのみです。長かった肝臓酷使月間も終わり、新年会で結局同じ目に合う僕に、清きコメントをお願いします。

 お願いします。

 

追伸

 はい、酔ってます。 反省。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月26日 (月)

ハラグロ電話。

 こんばんわ♪クリスマスに電話が鳴った、子たまねぎ剣士のなおきです。

 現在、夜の9時半です。

 誰の電話だって?

 そりゃ、彼女からの……

 こほん

 シンイチロからの電話でした。

<PR>

 シンイチロは、自分では「自他共に認めるハラグロさ~」などと居直っておりますが、実はそんなにいうほどは、腹黒くないんですよ。むしろ、いいヤツなんです。

 僕は、そんなシンイチロを心からの友人だと思っています。

 そんな彼からの電話。

 さっそく、携帯をとり、電話にでます。

僕:「アドバンス(ゲーム機)、買ったの?」

 はい、第一声で言う台詞ではありません。普通は「もしもし~」とか言うところを、いきなり用件です。しかも、僕は電話を受けた側であることも注意です。

 しかし、そんな僕のとんでもない電話の取り方を、いとも簡単に「ああ、買った」とかって言えるのはシンイチロだからこそ。そんなシンイチロが、僕は大好きです。

 でもなぜ、ゲームボーイアドバンスの話を僕がしたかというと、シンイチロがやっているブログで、よゐ子にしてたからプレゼントがあったってな日記を書いてたんですよ。

 親友の僕は、毎日3~10回はシンイチロのブログをチェックしてます。

 その時は中身を知らなかったんだけど、そこは僕とシンイチロの仲です。事前に「俺、アドバンスが欲しいんだよね~」とか言うてたんで、ピン!っときた次第です。

 てなわけで、アドバンスの話で盛り上がります。

僕:「でも、誰もプレゼントの中身について触れてなかったな」

シン:「そうなんよな~枕とか布団とかの色合いなんかどうでもええから、『あのプレゼントの中身なんですか!』みたいなの期待してたのに……がっかりだ」

 この辺りは、シンイチロのブログ(12月25日 12月26日)参照すると良く分かります。

 そんな取り留めのない話を10分少々。

 僕はちょっと思うことがあって、シンイチロに聞きます。

 

僕:「で、何の用?」

 

 うん、電話をし始めてから10分以上たって聞く話題じゃないから。

 でも、そんなこともお構いなしなくらいのトモダチっぷりを見せる僕らは、もはや疑問の声もあがりません。

シン:「ああ、今、会社なんやけど……」

 って、え?

 今日はクリスマスで、日曜日で、すでに夜中の9時なんですが……

シン:「俺さぁ、この三連休、毎日会社でてるんよなぁ~」

 うっわ、なんとも哀しい、クリスマス連休だ……

 僕もイブは悲惨だったけど、お前の方がもっと不幸だなぁ……

 やっぱり、今日も朝イチで仕事出てたん?(ちなみに、シンイチロは朝6時とかに出社する子なのです)

シン:「いや、今日はちょっと遅め……だから仕事効率が悪くてさぁ」

 シンイチロに言わせると、会社内での同僚との会話は、全て仕事の効率を下げる邪魔者らしい。だから毎朝早く出勤するとのこと。朝だと誰もいないからね。

 でも、同僚が話しかけてきても、面と向かってはとてもそんなこと言えないんで、とりあえず聞いてるが、その間、自分の仕事が進まないんで、嫌なんだそうだ。

 確かに、シンイチロの言うとおり。

 でもね、

 会社の人とのコミュニケーションも大事だよ。

 まぁ、それはそれとして、

 何の用?

シン:「あ、お前、一太郎とか知っとる?」 

 いや知らん。

シン:「電話切っていい?」

 いや、ちょっと待て。

 僕はこれで用済みですか?

シン:「だって、使えね~し」

 いやいや、今、和やかに話してたやん!!

 それを、時間の無駄みたいに言うな!!!

シン:「いや、無駄やん」

 ……

 僕は、この時ほど置いてけぼりにされた気になったことはありませんでした。

 結局、その後も「M1で誰が優勝したか知っとる?」という和やかな問いかけにも「11時には帰りたいけん、邪魔すんな。そしてM1はまだ見てない(録画してる)んで、言うな」などと言い残し……

 ガチャ ツーツーツー…

 ……………

 そんな、シンイチロのハラグロ日記はこちらから。

</PR>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月24日 (土)

クリスマスにはお洒落な夜を。

 夜景のちょっとしたスポットで知られる、瀟洒なホテルの14F。

 カウンターに座った僕たちは、違うかたちのグラスをかたむける。

 お互いの視線を合わせ、軽く、 乾杯。

 澄んだ音の余韻にひたりながら、ひとくち、口に含みます。

 彼女は、去年のクリスマスでプレゼントしたエルメスのバッグから、おっきな包みを取り出し、僕に渡します。

 開けてもいい?

 いいよ。

 あ、

 手編みのマフラーだ。

 ありがとう。作るの大変だったでしょ?  ……うん、暖かい。

 ふふ、喜んでくれて、よかった。

 そうそう、僕も……

 僕は、ポッケの中から小さな小さなプレゼントを取り出します。

 そして、ゆっくり開けた小さな小さな箱から、永久への輝きが……

 彼女は目に涙をためて……

 僕は言います。

 メリークリスマス。

 

 

 んな、わけがあるか~~~~~!!!!!

 

 こんばんわ♪対象年齢14歳くらいの妄想に耽る清しこの夜、子たまねぎ剣士のなおきです。

 てなわけで、クリスマスですよ。

 もう、街中総出でクリスマスですよ。

 よく、ブログのネタで、クリスマスはひとりで過ごします的な記事が投稿されてるじゃないですか?みんな結構、寂しい夜を過ごしてるんですよね。はは、いい気味だ。

 例に漏れず、僕も一人ですが……

 でもね、クリスマスに予定がないなんて、ネタ以外の何ものでもないじゃないですか!

 だから、ブログだけではあきたらず、会社でもさんざん「今日のクリスマスの予定ない~」っとかの自虐ネタで笑いをとってたんですよ。「お前も27なんだから、彼女とのなんかがあってもいいだろうに」といった、暖かいお言葉もいただきましたよ。余計なお世話だ!

 まぁ、そんなこんなで会社の笑いものになってたわけですが……

 ここで急に話は変わります。

 ウチの会社は、毎年クリスマスに、社員にお得意先のホテルのケーキをプレゼントするというなかなか粋な習慣があります。

 僕も、ケーキなどは嫌いじゃないのでありがたいのですが……

 

 ぷるるるるるるるるるるるるるる

 午後17時30分、電話が鳴ります。

 みんな予定が入っているからか、あわただしく仕事を片付けている。そんな風景の事務所に電話です。

 なんでも、スーパー担当の主任が仕事で20時30分までケーキを取りにこれないとのこと……

 この時点で、ものすごく嫌な予感がします。

 そして、案の定、上司から僕に対して言葉がおりてきます。

上司:「おい、なおき。お前、予定何にもないんだったよな?いっつも遅くまで残ってるみたいだし、20時30分まで残ってやってくれ」

 結局、一度家に帰ってカレーを食べてから、主任の帰りを待つのでした。

 がっくし。

 

追伸

 ちなみに、カレーは僕とばーちゃんの分だけ用意されてました。

 他の家族はクリスマスイブだってさ。けっ!

 

今日の反省日記

 どっちにしても、クリスマスイブはひとりです。 反省。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月22日 (木)

ウエイター初体験。

 こんばんわ♪最近の睡眠不足にいつかは倒れる予定の、子たまねぎ剣士のなおきです。

 いや~昨日はボランティアの卒業式、今日はウチの会社の飲食店のお手伝いで、気がつけば午前3時……

 目の下に大きなクマができてるや……

 

 今日は、ウチの飲食店が予約で満員。

 さらにバイトが休み。

 で、一応責任者である僕が手伝うことになりました。

 僕は普段えらそ~なことを言ってはいますが、今まで一度もウエイターとかしたことがないんですよ!!

 そんな僕も、出るからには頑張ろうと思います。

 うん、なんとか無事終わった。

 って、展開はや!

 30人近くの団体と、一般客を相手に、自分では無難にこなせたのではと思います。初めてにしては。

 とりあえず、飲食の現場を肌で感じることができました。

 自分では貴重な体験だと思います。

 最後に、店のスタッフとミーティングを2時間ほどして、賄い食の焼きうどんを食べて、今、会社のパソコンでブログを書いてます。

 ねむい。

 そんな悲しい自分に鞭打ってるんで、今日はこの辺で……

 ほんと、ねむい……んですよ。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月20日 (火)

明日は卒業式。

 こんばんわ♪明日は先輩の卒業式に出席する、子たまねぎ剣士のなおきです。

 僕の所属しているボランティアの会は、40歳で卒業なのです。

 それで、1年の終わりに、卒業する先輩を送る卒業式を行います。結構、派手にやりますので、明日はアップできない確率が高い!

 それで、今日は慌てて更新です。

 

 とある、タクシーでの会話。

 手を挙げてタクシーを停める僕。

 ドアが開いて、そのまま乗り込みます。僕は行き先を告げ、車が走り出します。

 行き先は一方通行などが入り組んでたので、運転手さんにてこずりながらも説明します。でも結局通じなくて、目的地周辺で説明してくれって言われます。そりゃそうだって思い、車のシートにもたれかけます。

 すると、運転手さんが話しかけてきました。

運転手さん:「いや~めんどうなお客さんだと頭がこんがらがりますね」

 え?なに! 喧嘩売ってんのか?

 って思うも、「いや、はは、すみませんねめんどい客でw」っと、にこやかに話します。

運転手さん:「いえ、お客さん(僕)のことじゃないんですよ。お客さんを乗せる前に乗せたお客さんなんですがね……う~ん、男と女が入れ替わってるんですよ」

 男と女が入れ替わってる?

 僕は興味をそそられました。

運転手さん:「よく乗せるお客さんなんですけどね、男が女のカッコして、女が男のカッコしてるんですよ。今日は寒いから2人ともズボンだったけど、夏場なんて男の方はミニスカートとかはいてるんですよね」

 すげぇ~、ファミリーコンポだ。 

 あ、ファミリーコンポはシティハンターの北条司さんのマンガで、今連載しているエンジェルハートの前に描いてました。シティーハンターの続編っぽいエンジェルハートが、以前のシティハンターとちょっと雰囲気が違うのは、このファミリーコンポのおかげだと思う。

 まぁ、簡単に言うと逆転夫婦の家族愛のマンガです。(かなり簡単に言いましたが)

 大好きなマンガなので、興味のある方はどうぞ。

ファミリー・コンポ (1)
ファミリー・コンポ (1)
   

 と、話がそれました。

運転手さん:「わたしゃ、信じられんのですよね。何が楽しいんでしょうね?」 

 まぁ、夫婦生活は、とりあえず支障はないですからね。

 本人たちは、幸せだと思います。 皮肉抜きで。

 でも、実際にいるんですね。

 ファミリーコンポ見てるから、そこまでの驚きはありませんでしたが、まさか松山でこのお話が聞けるとは……実に興味深かったです。

運転手さん:「私は、青春時代、女にも興味がなくてですね……いや、仕事が忙しくてね。そんな暇なかったんですよ」

 っと、今度は運転手さんの話。

運転手さん:「でもね、なぜかモテたんですよ。おかまに」

 そりゃ大変だ。

運転手さん:「風呂とか入ってても、妙にベタベタ触ってくるんで、おかしいなって思ってたんですが……当時はホモセクシャルとかいう言葉自体が普及してなかったんですよね。だから、聞いてみたんです。お前はホモか!って」

 知らぬが仏ですね。

運転手さん:「そのおかまは、逆に告白してきたんですがね、誰が付き合うか!って言ってやりましたよ。今考えると、不憫な人ですよね」

 う~ん、松山にも結構いるらしいからね。

 運転手さんも、昔はもてたんですね~ いや~そんなことないんですよ~

 な~んて話をしていると、いつの間にか目的地周辺に!

 話しこんでしまって、どこで曲がるかとか指示してなかったもんだから、目的地の焼き鳥屋を通り過ぎてしまい、ぐるぐる迷う羽目に……

 焼き鳥屋に着いた時にはすでに会は始まっていて、すんでの差で乾杯が終わったとのこと……

 う~ん、これも運命

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月19日 (月)

新幹線とPSP。

<PR>

 こんばんわ♪今日は2本立てでお送りします、子たまねぎ剣士のなおきです。

 一昨日、僕の親友以上悪友以下のシンイチロから電話があったんですよ。

 しかも雪山で必死のドライブをしているとき。(前回の日記参照)

 運転中で、隣に上司も乗ってたんで、帰ってきてから服を脱いで布団に入って、それから電話をかけたんです。

 すると、開口一番。

シンイチロ:「四国ってなぁ、新幹線は通ってないよな?」

 それでも、元愛媛県人かぁ!!! 

 知らない方は知らないと思いますが、四国には新幹線がありません。田舎ですから。

 なんでそんなトンチキな言葉が出てくるんか、いろいろ聞いてみると、なんと僕とシンイチロの共通の友人がシンイチロに「四国に新幹線ができたみたいだ」とか言ったらしい。

 いや、ありえないから。

 だって、その友人は、現愛媛県人だし。

シンイチロ:「俺もな、たぶん違うぞ、親とかに聞いてみろって言ってみたんよ。でも『そういうのって興味のあるヤツしか知らんかったりするやん?』って言われたんだよな。ちょっと納得してしまってな」

 いや、新幹線ができるなんてビッグニュースは、みんな興味があると思うぞ。

シンイチロ:「でな、電話しながらネットで調べたら、やっぱりないんよな。じゃぁ、なおきに聞いたらって言ったんよ」

 ああ、それで電話してきたんだね。

シンイチロ:「そしたら『いや、あいつも案外モノを知らんからなぁ。びみょう』って言われた」

 ちょっと、待て。

シンイチロ:「そうやって言われたら、なんか納得してしまうだろ?」

 さらに、ちょっと、待て。

 それから小一時間、僕はシンイチロにお説教をしました。

 シンイチロはうるさそうに、それでもメゲずに聞いてました。

 でもそれには理由があったのです。

シンイチロ:「まぁ、新幹線はなかったことでいいからさぁ」

 うん。(え?さりげなくなかったことにした?)

シンイチロ:「なおき、PSP(プレイステイションポータブル)持ってる?」

 うん、持っとるよ。

シンイチロ:「持っとんかい!!」

 僕がPSPを持ってるのがそんなに意外だったのか、かなり動揺するシンイチロ。

 理由を聞いてみることにしました。

シンイチロ:「いや、俺ら年末にボード(スノボー)しに大阪行くやん」

 あの、僕は年末忙しいので参加できない、ボード旅行ですね。

シンイチロ:「その道すがら暇つぶしがしたいなって思って、PSPか任天堂DSか、迷ってるんだよね」

 なるほど。

 僕がPSPを購入したのは今年の6月です。

 いっしょに「みんなのGOLF」を購入したのですが……遊んだのは最初の1週間だけ。ちょっと無駄な買い物だったかもと思っています。でも、ちょちょっと遊ぶのは面白いかもです。

シンイチロ:「で、どっちにするか迷ってるんだけど……」 

 なら、俺のを貸そうか?

 って、言わせるための策略だったに違い。

 ヤツは、用意周到で言葉巧みに僕を導きます。そこがシンイチロのハラグロたるゆえんなのです。

 でもね、一つ問題が……充電器がないのよ。

シンイチロ:「ちょ、それなかったら役立たずやん!はよ探さな!!」

 すでに役立たず扱いを受ける、僕のPSP。ちょっと可哀想ですが、実際に電源が付かないので、確かに役立たずなのです。

シンイチロ:「じゃぁ、充電器を見つけたら、送ってくれな」

 そういい残し、電話を切ります。

 時計を見ると、夜中の3時を大きく過ぎてます。

 実は、次の日は朝からゴルフに行くことになっていて、朝が早いのです。さらに、そのコンペの忘年会があり、どんちゃん騒ぎになる予定……

 今のうちに少しでも寝なきゃ!

 そう思い、さっきまで話してた携帯電話を充電し、毛布をかぶってお休みモードに移行します。さぶいさぶい。

 ピリッピリッピリッピリッピリッピリッピリッピリッ

 メールの着信音が鳴り響きます。

 せっかく、ぬくぬくと毛布にくるまってたのに、ベッドから出てきます。

 さぶいしねむいし、誰だ!!

メール:「郵送先は、福岡県○○市○○町○-○○ 住所です、よろしく。」

 うわ、速い。

 ちょっと、仕事ができる子みたいやん!

 そう思った僕は、「はや」とだけ入力して、メールを返します。

 すると……

メール:「タイムイズマネー!」

 とても3時間以上も長電話した相手が口にする言葉とは思えません。

 実際のお金は、僕からかけているので、僕が払うことに……

 全て、ヤツの策略に違いない。

 なんて、腹黒いヤツだ!!

 そんなお茶目なシンイチロの腹黒い家庭菜園日記はこちらから。

</PR>

 

追伸

 ゴルフは雪のため中止でした。おかげで昼寝ができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月18日 (日)

雪の中の忘年会。

 こんばんわ♪昨日も今日も忘年会だった、子たまねぎ剣士のなおきです。

 寒いですね。

 みなさん、風邪なんて引いてないのかしら?

 僕は、ほろ酔っ払いですが、酔い覚ましにバヤリースオレンジを飲みながらこのブログを書いてます。(カルシウム・ビタミンC・オリゴ糖・純粋使用に惹かれましたw)

 ちなみに僕はバヤリースオレンジの果汁10%時代(10%⇒30%⇒20%)が好きでした。

 

 と、思いっきり話が忘年会とかけ離れたところで、本題です。

 昨日は、僕の住んでいる愛媛県松山市よりも50kmほど北にある今治市のウチの会社の支店の忘年会でした。

 本社からは僕と僕の上の次長が行くことになっていました。

 もちろん、例によって僕は次長の運転手です。

 最近、このパターンに慣れてきました。逆にお酒を飲まない口実になるので、僕も願ったり叶ったりだったりします。

 ただ、心配なのはこの寒さ。

 四国地方は、この寒波と雲の影響で、夜から朝にかけて雪という予報。

 車で松山から今治へ行くルートは3種類あります。

 山 山 海 

 山は雪が降ると非常に危険なため、ちょっと遠回りですが海側のルートしか選択肢がありません。僕と次長は会社のオデッセイに乗り込み、今治へと向かいます。

 行きしなは無事到着(ここでも集合時間が18時って聞いてたのに実際は18時30分でした。こんなんばっかり……)

 総勢36名の1次会も無事終わります。(最初の乾杯のとき、注がれるままビールを持ってました。飲む前に気付いたけど、もう少しで帰れなくなるところでした)

 総勢12名の2次会も無事終わります。(カラオケでした。僕はゴールドフィンガー99とかお嫁サンバとか、北空港とか、アイムプライドとか歌いました。びみょ~)

 そして、帰る段になって、雪がちらほら。

 次長はスノーボーダーなので、雪は大好き。僕も、寒くさえなければ雪は大好きです。

 ゴォォォォォォォォォ

 吹雪がだんだん強くなってきました。

 辺りは白く雪化粧。

 道路もわだちができるくらい、雪が積もってました。

 サイドミラーを見ると、付着した雪で後ろが見えません。とりあえず、わだちの通りに走っていると、いつのまにか中央線よりに走ってます。危ない。僕はドキドキしながら次長に話しかけます。

なおき:「次長~、実は僕、こういう状況、、大好きなんですよ!!」

次長:「うん、実はワシもなんよ」

 仲間だ!!

 それからしばらくは、実は台風が好きだとか、雷が鳴ると心躍るだとか、不謹慎な話題で盛り上がっていました。最終的には、この雪で、どこかで事故とかないやろうか?とか、このまま降り積もって帰るに帰れない状況にならんやろか?とか、自他ともに不幸を見つけようともしてました。わくわく、どきどき、わくわく、どきどき。

 そうこう考えていると……

 ざっぱ~~~ん。

なおき:「なんだなんだ!!」 

 急にフロントガラスに大量の水が!!

 さらに、ガラスが白く曇って、とたんに視界が悪くなりました。

 海沿いの道を走っているのですが、風で波が道路まで打ち付けてきて、車にかぶさったのです!!

 その後、何回も波が車にかぶさり、帰る頃には塩で車がものすごく汚れてました。

 結局、雪が降る中、会社の駐車場で泣く泣く汚れを落としている哀れなたまねぎがいましたとさ。めでたくなしめでたくなし。

 

本日の反省日記

 人の不幸を願うのはやめよう。天罰が下ります。 反省。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年12月16日 (金)

交響曲第5番:「運命」

 こんばんわ♪昨日も忘年会のため更新をサボった、子たまねぎ剣士のなおきです。

 普段お酒を全く飲まない僕も、このシーズンは週3日くらいのペースで飲まなければならないんです。う~ん、大丈夫かしら、僕の肝臓。

 まぁ他人の病気は蜜の味っていうことで、ネタくらいにしかならないですが。

 それはさておき、忘年会です。

 忘年会といっても、馬車馬のように働かされている僕にとって、友達とわきあいあいなものであったり、忘年会の名を借りたドキドキ合コン的なものであったり、するわけはありえませんので、例によって会社がらみの忘年会なのです。 

 そして、当日。

 社内のミーティングが長引いてしまい、6時50分集合の忘年会で、気がついたら7時25分なんですよ。うわ、完璧に遅刻だ!!ってなわけで、幹事の方に連絡を入れます。

なおき:「すみませ~ん、もう始まってますよね?どんな感じですか?」

幹事:「え?ああ、いま駐車場についたところだから」

 がび~ん。

 実は、7時20分集合、7時30分開始だったらしい……

 なんか僕ってこんなん多いですよね……こういう運命なんかなぁ?

 そう、運命を呪いながら、タクシーで現場に急行します。

 多少迷いながらも、7時40分に到着。

 店内に入ると、店員さんに部屋をうながされて、メンバー(同業他社さんの集まり)と合流します。

 そこで開口一番。

幹事:「あ、なおきくん、今まさに乾杯が終わったとこだよ」

 またかい!!

 またしても自分の運命を呪いながら、自分の飲み物を注文。

 でも僕のがきたら、もう一回乾杯をしてくれました。ちょっぴり自分の運命を見直した瞬間です。

 今思えば、ここがピークでした。

 一次会はトリ料理屋さんで行われ、トリ好きの僕としては満足の行く内容(から揚げ・焼鳥・トリ鍋・トリ刺し他)だったのですが……

 量、多すぎ。

 ただでさえ多いのに、僕の座ったテーブルには事務員さん(もちろん女性)もいたので、料理が余る余る。

 結局、大量に料理を余らせ、多少の罪悪感を感じながら、一次会が終了。

 続いて、2次会です。

 2次会の会場まで距離があるので、タクシーで行くのですが、残った戦士は5名……ちょっと中途半端です。

 タクシーって、大型なら5人が乗れるって知ってた?

 後ろの座席に3名、そして前に2名。

 図で表すと、こんな感じです。

 4  5 運転手
 2  3   1

 通常は4番の人が下座なのですが、さらに4番と運転手さんの間に、5番という超下座ができあがります。

 もちろん、皆様の暖かい予想通り。

 5番は僕です。

 理由も「一番ちっさいから」

 しょうがないんだけど、しょうがないんだけど……

 そんなこんなで、またまた運命を呪いつつ、2次会の会場へ到着。

 おねえちゃんが割と健全に遊んでくれる場所へと導かれました。

 そこでも、パーティグッズの「鼻めがね」(眉毛と鼻と鼻毛がついてるおしゃれめがね)をかけさせられたり、ゲームで負けてないのになぜか一気させられたり、腕を組んでもらったと思ったらすぐに離されて微妙な気持ちになってみたりしました。

 なんかいろいろ運命を考えさせられる一日でした。

 じゃじゃじゃじゃ~~ん。  じゃじゃじゃじゃ~~~~ん。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年12月14日 (水)

またまたディナーショー。

 こんばんわ♪おいおいまたかよってな声が聞こえてきそうな、子たまねぎ剣士のなおきです。

 てなわけで、またまたディナーショーに行ってきました。(昨日の話)

 今度は、地元の最大級のホテル、全日空ホテルでのディナーショーです。

 今回は、お世話になっている得意先へのお接待です。

 得意先の総務部の皆様6名と、ウチの会社の社長以下僕も合わせて6名です。合計12名がひとつの丸テーブルを囲むようなカタチになりました。

 先方は総務部ということで、6名中4名が女性……

 はい。

 ある意味、合コンと言っても過言ではないのです。

 こういう時のために、日頃から営業の仕事をしている僕です。僕の

 僕は、自社のお偉いさん5名をほっといて、得意先のお偉方へお酒を注ぎに行きます。

 もちろん、その後、女性陣へのお酌へとスムーズに移行させるための布石であることは言うまでもありません。

なおき:「係長!今日は来ていただいてありがとうございました!!どうぞ、お酒を!!ささぐいっとぐいっと」

 てな感じで、お酌。

 このあたりは、さすがに営業部。自分でも惚れ惚れするくらいのスマイル&スマイルでにこやかにビールを注ぎます。そこで一言二言。うん、機嫌は上場です。

 よし。 これで、係長への義理を果たしました。いざ鎌倉(女性陣)なのです。

 では係長、これからもよろしくお願いします!っと言いながら隣に座っていた女性陣の方へお酌をしに向かいます。

 すると……

係長:「おお、紹介しよう。彼女が……、そして彼女が……」

 こぶつきかよ!!

 結局、全ての女性陣を丁寧に紹介してくれた係長のおかげで、みんなどこかよそよそしかったです。

 がっくり。

 

追伸

 食事中、割と勢いよくお酒を飲んでたものだから、ショーの途中でトイレに行きたくて内股になっていたのは、ちょっとしたヒミツです。てへ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«三位一体の攻撃。